未経験者の転職にスクールを利用するのはやめておいたほうがいい

理由は下記

  • 会社に入って仕事がうまくいくか不透明。(人間関係、成果物)
  • 仕事を始めてから挫折する可能性がある。
  • 費用対効果的にリスクがある。
  • 転職エージェントの信頼を失う可能性。

IT業界の人材不足はスキル不足によって起こっているのです。
つまり、スキルが身につくまで労力と時間がかかるため挫折する人が多いのです。
向き不向きがあるということでもあります。

よく転職サイトの必要スキルに業界経験3年以上などと書いてあるのはその理由です。

独身で20代の若手ならともかく、家庭持ちの30代、40代ともなると体力的にも厳しいでしょう。

入った先の上司が20代の若手というのではチームも回りにくいです。

実際に30代、40代で未経験でスクールに入って現場で活躍している人というのを見たことがありません。

仮にいたとしても、かなり稀でしょう。何かしらのバックグランドを持っていたと推測されます。

ちなみに、転職エージェントの営業からからSEに転職した方、その逆の

SEから転職エージェントの営業になった方を私は何人か知っています。

スポンサーリンク
おすすめの記事